眼の病気と治療
Treatment

ホーム眼の病気と治療 > 緑内障治療

緑内障治療

緑内障とは

白内障とは

緑内障は眼圧が高く(眼が硬い)て視神経が障害される、もしくは眼圧が高くなくても視神経が障害されて、その結果視野が欠け、放置すると失明する病気です。 白内障に似た名前ですが、白内障は進行すると瞳孔(ひとみ)が白くなるためにその名前がついており、緑内障は眼圧が高いと瞳孔が緑に光ると知られていたためこの名前がつけられています。

40歳以上の20人に1人にあると言われ、日本の視覚障害認定原因(≒失明原因)の第1位です。 自覚症状が出る段階では非常に進行しており、その前に進行を食い止めることが大切な病気です。

人間ドックや健診でも優先的に取り入れられており、視神経乳頭陥凹が拡大することや、神経線維層欠損が眼底写真で見られると精密検査の指示が出ます。 日本人には正常眼圧緑内障が多いとされており、眼圧検査が正常でも40歳以上で眼底検査を受けておくことは非常に重要です。

検査について

当院では細隙灯顕微鏡、眼底写真、光干渉断層計を用いて緑内障の疑いがあるかどうかを確認し、精密検査として視野検査を行います。
当院には初期~中期までの病状を評価するハンフリー静的視野検査と、中期〜後期までの病状を評価するゴールドマン動的視野検査のいずれも設置しております。


  • ハンフリー静的視野検査

  • ゴールドマン動的視野検査

治療について

緑内障と診断した後、3回の眼圧測定(3回来院していただきます)を行い、基準眼圧を決定します。
その上で点眼を開始して、効果判定を行います。 視野検査は概ね半年ごとに行い、前後の変化を解析ソフトウェアを用いながら評価します。

点眼は5系統ほどの種類を病状に合わせて用います。日本人に多い正常眼圧緑内障の中でも、低い眼圧で進行する方や、自覚的視野変化を有するような進行した方には視神経保護目的でサプリメントも処方しております。